コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

税効果資本 ぜいこうかしほん

2件 の用語解説(税効果資本の意味・用語解説を検索)

会計用語キーワード辞典の解説

税効果資本

税効果会計に基づき、自己資本に算入する税金相当額をいいます。税効果資本は、将来もどってくる予定の税金をあらかじめ資産と見込み、それに見合う分だけ膨らんだ自己資本のことをさします。

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

株式公開用語辞典の解説

税効果資本

税効果会計に基づいて、自己資本に算入する税金相当額をいう。税効果資本は、将来戻ってくるはずの税金をあらかじめ資産と見込んで、それに見合う分だけ膨らんだ自己資本のことをさす。よって、税効果資本の自己資本での比重が低い方が、健全性が高いといわれている。

出典|株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

税効果資本の関連キーワード他人資本レバレッジ効果会計原則計理士資本構成負債比率株主資本後配出資中核自己資本中核的自己資本

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone