コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲尾岳 いなおだけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

稲尾岳
いなおだけ

鹿児島県南東部,大隅半島南部にある肝属山地の一角を占める山。標高 959m。南斜面は急で太平洋岸に美しい断崖をなす。頂上付近にモミの純林があり,さらにオオコマユミ,タカクマミツバツツジなど,ここを南限とする数多くの植物があるため,山全体が天然記念物に指定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔鹿児島県〕稲尾岳(いなおだけ)


鹿児島県大隅(おおすみ)半島南部の山。標高930m。シイを中心とした原生照葉樹林の垂直分布がみられ、学術的に貴重で、天然保護区域に指定される。山頂付近は自然環境保全地域。中腹以下の天然林大部分伐採・人工造林された。1992年(平成4)、山頂一帯が森林生態系保護地域に指定された。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の稲尾岳の言及

【佐多[町]】より

…沿岸漁村ではクロダイ,ブリなどの定置網漁のほか,トビウオ漁も行われる。64年霧島屋久国立公園に指定され,海中公園のある佐多岬,イスノキの原生林におおわれた稲尾岳(天)などがあって観光地として発展している。伊座敷には薩摩藩が薬草採取のために設けた佐多旧薬園(史)がある。…

※「稲尾岳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

稲尾岳の関連キーワード鹿児島県肝属郡南大隅町鹿児島県肝属郡錦江町鹿児島県肝属郡肝付町田代(鹿児島県)南大隅町内之浦肝付町錦江町田代佐多

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android