コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大隅半島 おおすみはんとう

7件 の用語解説(大隅半島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大隅半島
おおすみはんとう

鹿児島県南東部の半島。別称肝属半島(きもつきはんとう)。鹿児島湾を隔てて薩摩半島相対する。東岸,南岸は太平洋に面する。地形は北部の高隈山地,中部の肝属平野および曽於丘陵(そおきゅうりょう),南部の肝属山地の 3区からなる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おおすみ‐はんとう〔おほすみハンタウ〕【大隅半島】

鹿児島県南東部の半島。西の薩摩(さつま)半島とともに鹿児島湾をつくる。中北部にはシラス台地が発達し、南部にはソテツビロウなどの亜熱帯性植物が自生。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

大隅半島【おおすみはんとう】

鹿児島県南東部の大半島。肝属(きもつき)半島とも。北部は高隈山地シラス台地の囎唹(そお)丘陵,南部は肝属山地で,その間に肝属平野があり,鹿屋(かのや),串良(くしら)などの集落が発達して農業地域を形成。
→関連項目吾平[町]内之浦[町]大隅海峡大根占[町]笠野原霧島屋久国立公園串良[町]高山[町]桜島桜島[町]佐多[町]佐多岬田代[町]垂水[市]根占[町]東串良[町]松山[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おおすみはんとう【大隅半島】

鹿児島県の南東部に南に突出する半島。東側は太平洋に面し,西側は鹿児島湾を隔てて薩摩半島に対する。北西部に高隈山地,南部に肝属(きもつき)山地,西部に1914年の噴火によって陸続きとなった桜島があるが,大部分は一般にシラスとよばれる透水性の大きい姶良(あいら)火山噴出物が,緩やかに傾斜して笠野原などのシラス台地を形成している。台地の所々に中生層や花コウ岩よりなる山地が散在し,南部の肝属山地の太平洋に臨む海岸は長い絶壁が連続する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おおすみはんとう【大隅半島】

鹿児島県南東部の半島。亜熱帯性気候で、南端にはソテツ・ビロウなどが自生。中北部はシラス台地、南部は山地で森林が多い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔鹿児島県〕大隅半島(おおすみはんとう)


鹿児島県南東部の半島。南東は太平洋、南端の佐多(さた)岬は大隅海峡に臨み、西は鹿児島湾を隔てて薩摩(さつま)半島に対する。北西部に高隈(たかくま)山地、南部に肝属(きもつき)山地、その間に笠野原(かさのはら)などのシラス台地が分布。北西部に1914年(大正3)の大爆発で陸続きとなった桜(さくら)島がある。南部にはタブノキ・ソテツなどの亜熱帯植物が自生。鹿児島湾岸南部と桜島は霧島屋久(きりしまやく)国立公園、志布志(しぶし)湾湾奥は日南海岸(にちなんかいがん)国定公園に属する。東部内之浦宇宙空間観測所がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大隅半島
おおすみはんとう

九州の南東端、鹿児島県の東部から南に向かって突き出た半島。この最南端、佐多(さた)岬は北緯31度付近にあたる。西にある薩摩(さつま)半島と相対し、湾口の最狭部幅約10キロメートル、湾奥まで約70キロメートルの鹿児島湾(錦江(きんこう)湾)を擁する。湾奥近くに桜島がある。桜島は1914年(大正3)の大噴火による溶岩流で大隅半島と陸続きとなった。半島東側は志布志(しぶし)湾(有明(ありあけ)湾)に開ける。西側はごく一部を除き高隈(たかくま)山地(1000~1300メートル)や、シラス台地が湾に迫り、半島南端部にも志布志湾から鹿児島湾口へ北東~南西走向の1000メートルに近い肝属(きもつき)山地がある。このため大水系はすべて志布志湾へと注ぐ。また志布志湾北部からは鰐塚(わにつか)山地が張り出す。これらの山地に取り囲まれて、100~200メートルのシラス台地およびそれが開析された丘陵地が広く分布する。行政区は曽於(そお)、志布志、鹿屋(かのや)、垂水(たるみず)の4市、肝属郡東串良(ひがしくしら)、錦江、南大隅、肝付(きもつき)の4町、曽於郡大崎(おおさき)町からなる。おもな水系には、肝属川や、菱田(ひしだ)川、安楽(あんらく)川などがある。これらの河川は笠野原(かさのはら)などのシラス台地を深く刻んで流れるが、肝属川下流部を除き、沖積低地は広くない。
 笠野原は近年畑地灌漑(かんがい)施設が整備され、サツマイモ、菜種などの栽培から多様な果樹、園芸作物への転換が進められている。沖積低地は水田耕作が中心。肝属山地は大隅自然休養林、桜島や佐多岬は霧島錦江湾(きりしまきんこうわん)国立公園、志布志湾岸は日南海岸国定公園となっている。これらは亜熱帯植生(ソテツ、ヘゴ、ビロウなど)や、他の豊かな自然景観を主体としている。[塚田公彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大隅半島の関連キーワード三沢球磨内之浦[町]阿児〈町〉有家〈町〉布津〈町〉喜入〈町〉鹿児島県肝属郡鹿児島県熊毛郡鹿児島県鹿児島市草牟田

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大隅半島の関連情報