コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲葉篤紀 いなばあつのり

2件 の用語解説(稲葉篤紀の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

稲葉篤紀

プロ野球選手。1972年8月3日、愛知県生まれ。185センチ、94キロ。中京高校、法政大学を経て、95年、ドラフト3位で東京ヤクルトスワローズに入団。1年目から1軍で活躍し、2001年には初めてベストナインに選ばれた。04年のオフシーズンフリーエージェント宣言をし、メジャーリーグへの移籍を試みたが断念。05年2月、北海道日本ハムファイターズへ移籍。06年にはベストナインと初のゴールデングラブ賞を受賞し、44年ぶりのチーム日本一に貢献した。07年、首位打者と最多安打を獲得。08年の北京五輪、09年・13年のワールドベースボールクラシックで日本代表となり、4番打者も務めた。12年、日本プロ野球史上39人目となる2000本安打を達成。仕えた5人の監督全てを胴上げしており「優勝請負人」の異名をとった。14年9月2日、同季限りでの現役引退を表明した。

(2014-9-4)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲葉篤紀 いなば-あつのり

1972- 平成時代のプロ野球選手。
昭和47年8月3日生まれ。外野手,左投げ左打ち。中京高,法政大をへて,平成7年東京ヤクルトスワローズに入団。16年フリーエージェント宣言。17年北海道日本ハムファイターズへ移籍。19年首位打者(3割3分4厘),最多安打(176)。ベストナイン5回(13年セ・リーグ,18-21年パ・リーグ)。20年北京五輪日本代表,21年ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表。24年2000本安打を達成。公式戦生涯成績は安打2167,打率2割8分6厘,打点1050,本塁打261。26年現役引退。同年ジョージア魂賞。愛知県出身。法政大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

稲葉篤紀の関連キーワードプロ野球[日本]日本プロ野球選手会フリーエージェント制度[プロ野球]プロ野球選手会労組大杉勝男札幌アンビシャスドリーム☆アゲイン福岡ドンタクズプロ野球チップスプロ野球PRIDE

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

稲葉篤紀の関連情報