コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲葉篤紀 いなばあつのり

知恵蔵miniの解説

稲葉篤紀

プロ野球選手。1972年8月3日、愛知県生まれ。185センチ、94キロ。中京高校、法政大学を経て、95年、ドラフト3位で東京ヤクルトスワローズに入団。1年目から1軍で活躍し、2001年には初めてベストナインに選ばれた。04年のオフシーズンにフリーエージェント宣言をし、メジャーリーグへの移籍を試みたが断念。05年2月、北海道日本ハムファイターズへ移籍。06年にはベストナインと初のゴールデングラブ賞を受賞し、44年ぶりのチーム日本一に貢献した。07年、首位打者と最多安打を獲得。08年の北京五輪、09年・13年のワールド・ベースボール・クラシックで日本代表となり、4番打者も務めた。12年、日本プロ野球史上39人目となる2000本安打を達成。仕えた5人の監督全てを胴上げしており「優勝請負人」の異名をとった。14年9月2日、同季限りでの現役引退を表明した。

(2014-9-4)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲葉篤紀 いなば-あつのり

1972- 平成時代のプロ野球選手。
昭和47年8月3日生まれ。外野手,左投げ左打ち。中京高,法政大をへて,平成7年東京ヤクルトスワローズに入団。16年フリーエージェント宣言。17年北海道日本ハムファイターズへ移籍。19年首位打者(3割3分4厘),最多安打(176)。ベストナイン5回(13年セ・リーグ,18-21年パ・リーグ)。20年北京五輪日本代表,21年ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表。24年2000本安打を達成。公式戦生涯成績は安打2167,打率2割8分6厘,打点1050,本塁打261。26年現役引退。同年ジョージア魂賞。愛知県出身。法政大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

稲葉篤紀の関連キーワード新藤兼人[各個指定]芸能部門田中角栄内閣中原佑介堀内恒夫ヨルゲンセンシェンク磯田光一エクリチュール東映(株)

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

稲葉篤紀の関連情報