コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中角栄内閣 たなかかくえいないかく

百科事典マイペディアの解説

田中角栄内閣【たなかかくえいないかく】

自由民主党単独内閣。(1)第1次。1972年7月7日−1972年12月22日。第3次佐藤栄作内閣の後をうけて成立。日中国交正常化に取り組み,1972年9月日中共同声明に調印。
→関連項目二階堂進三木武夫内閣

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田中角栄内閣
たなかかくえいないかく

昭和期に田中角栄を首班として組織された第一、第二次にわたる内閣。[編集部]

第一次

(1972.7.7~1972.12.22 昭和47)
佐藤内閣退陣後、田中角栄と福田赳夫(ふくだたけお)の2人が後継の座を争ったが、1972年7月5日の自民党大会で田中が福田を破り、7月7日国会で首班指名を受けた。54歳の若さと農村出身の無学歴の「庶民性」から「今太閤(いまたいこう)」とよばれ、角栄ブームをつくりだし、田中内閣発足直後61%という爆発的な内閣支持率(朝日新聞世論調査)を記録した。「決断と実行」をスローガンに「日本列島改造論」の実行と日中国交正常化を公約。同年9月訪中して、日中復交を実現した。[伊藤 悟]

第二次

(1972.12.22~1974.12.9 昭和47~49)
1972年12月の総選挙で敗退したのち成立。列島改造論は土地投機、インフレに拍車をかけ、1973年のオイル・ショックで破綻(はたん)、角栄ブームは急速に消滅した。1973年小選挙区制導入を図るが、反対闘争の盛り上がりの前に断念、1974年の東南アジア訪問では反日デモの洗礼を受けるなど苦境にたたされた。1974年7月の参院選では空前の金権選挙にもかかわらず大敗北、野党の金権批判、三木武夫(みきたけお)・福田赳夫両閣僚の辞任、そして田中金脈問題により11月26日退陣を表明、総辞職に追い込まれた。[伊藤 悟]
『早坂茂三著『田中角栄回想録』(集英社文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

田中角栄内閣の関連キーワード日本と朝鮮半島との関係(第二次世界大戦後)砂川判決と1972年政府見解田中内閣(田中角栄内閣)日中平和友好条約ロッキード事件国土利用計画法海部俊樹内閣木村 禧八郎社会保障費内田 常雄加藤常太郎植木庚子郎倉石忠雄鈴木善幸亀岡高夫森山欽司狂乱物価経済計画町村金五毛利松平

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

田中角栄内閣の関連情報