傷害(読み)しょうがい

精選版 日本国語大辞典「傷害」の解説

しょう‐がい シャウ‥【傷害】

〙 きずつけること。けがをさせること。
※聖徳太子伝暦(917頃か)上「赤文貫眸子、為傷害之相
※動物小学(1881)〈松本駒次郎訳〉下「眼には第三次の瞼ありて眼球を上下に径り〈略〉之を保庇して傷害を受ざらしむ」 〔韓非子‐五蠧〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android