コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

損害保険 そんがいほけんnon-life insurance

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

損害保険
そんがいほけん
non-life insurance

偶然な一定の事故によって生じる損害を填補するための保険の総称。商法では生死という事故を中心に定義した生命保険 (商法 673~683) と損害の填補の観点から定義した損害保険 (629条以下,815条以下) とに区分しており,生命保険以外の保険すべてをさすものである。したがって商法に規定された火災保険 (665条以下) ,運送保険 (669条以下) ,海上保険 (815条以下) のほか,各種の新種保険を含めたものが損害保険である。しかしこの分類は必ずしも理論的なものではなく,法律制定の歴史的経過に基づくもので,現存の保険の種類のなかには生命保険的要素と損害保険的要素とをあわせもつものも多数あるが,一般的には生命保険は人の保険,損害保険は物または財の保険と考えられている。そして生命保険は人間の生死に関連するものであるため通常は長期契約として行われることが多いが,損害保険は概して1年もしくはそれ以下の短期契約として行われる。損害保険が主として物または財の保険であるところから,火災保険を除いては企業を対象とした企業保険として発達してきたが,経済社会の発展,生産力の増強,所得水準・生活水準の向上につれ,新種保険のめざましい開発,普及と一般消費者を対象にした家計保険分野の比重増大をみるにいたった。近年は消費構造の変化,国民の権利・義務意識の高まりなどに伴って,債権,債務に関する損害保険として信用保険,保証保険,損害賠償に関する損害保険として (賠償) 責任保険が普及している。また損害保険の種類によっては危険の分散,平均の困難なものがあるため,再保険,保険プールが高度に発達し,国際的取引も活発に行われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

損害保険【そんがいほけん】

一定の偶然の事故によって生じた損害を填補(てんぽ)する保険。日本の商法・保険業法は保険を損害保険と生命保険に分けて規定していたが,1995年改正の保険業法では,いずれにも属さない傷害保険介護保険などを〈第三分野の保険〉と規定した。
→関連項目新価保険民間保険

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

保険基礎用語集の解説

損害保険

商法上は保険者が一定の偶然な事故によって生ずることのある損害をてん補することを約束し、保険契約者がそれの対価である保険料を支払うことを約束する契約と規定されています(商法第629条)。一方、保険業法上は、平成8年の改正により、損害保険業として、一定の偶然な事故によって生ずることのある損害をてん補することを約束し保険料を収受する行為(保証証券業務を含む)のほか、人の身体の傷害、疾病に関して一定の金額の支払または生ずることのある損害のてん補を約束し保険料を収受する行為、および海外旅行期間中の人の生死に関して一定の金額の支払を約束し保険料を収受する行為が規定されました(保険業法第3条)。損害保険の種類は、火災保険、自動車保険、自賠責保険、傷害保険、賠償責任保険、海上保険等に別れ、きわめて多くの保険商品が販売されています。

出典 みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そんがいほけん【損害保険】

損害保険として日本の商法が定めているのは偶然な事故により被った損害が塡補される保険で,火災保険運送保険海上保険の3種類であるが,今日では各種の新しい保険が行われるようになっている。損害保険は多義の用語であるが,生命保険以外の保険ないし,保険のうち損害保険会社が営業するものの意味で用いられることが多い。 こうした意味の損害保険には次の2種類がある。(1)狭義の損害保険 支払われる保険金の額が被った損害額により定められる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

そんがいほけん【損害保険】

偶然の事故により生じる損害を塡補てんぽするための保険。火災保険・海上保険・運送保険などの類。損保。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

損害保険
そんがいほけん

偶然な一定の事故によって生ずる損害に対し、その損害の程度に応じて保険金が支払われる保険種目の総称。日本の保険法では、定額保険である生命保険に対するものとして損害保険を規定しており、このため、損害保険は英訳される場合non-life insurance(生命保険以外の保険)とされている。近年、いわゆる新種保険とよばれるものの発達が著しい。また、保険法以外の単行法に基づいて国家が営んでいる労働者災害補償保険、輸出保険なども損害保険に属するほか、農業協同組合などが行っている火災共済、自動車共済、傷害共済なども実質的には組合によって引き受けられる損害保険といえよう。[金子卓治・坂口光男]

保険価額と保険金額

損害保険では、保険者が支払う保険金は、原則として、被保険者が現実に被った損害額のいかんにかかわり、保険事故が発生すると所定の金額が支払われる定額保険とは異なる。保険事故が発生した場合、被保険者が被る可能性のある損害の最高限度額を保険価額という。保険会社と保険契約者は、契約締結の際、保険会社が填補(てんぽ)する金額の最高限度を定める。これを保険金額という。保険価額は原則として、事故発生の時および地における価額に基づいて算定される。保険価額は市場価額の変動や価値の付加や減価償却などで保険期間中に絶えず変動するから、通常は保険価額可変の原則によっている。しかし、船舶保険、貨物保険、航空保険などでは、保険の目的が絶えず移動し、事故発生の時および地における価額の決定が困難で、紛争を生じやすいため、保険価額を契約締結時に協定することが一般に行われている。この価額を協定保険価額(保険評価額)といい、このような保険を評価済保険とよんでいる。保険金額と保険価額は一致する場合もあるし、一致しない場合もある。保険金額が保険価額と一致する場合を全部保険、保険金額が保険価額に及ばない場合を一部保険という。全部保険の場合には、損害額の全部が填補される。一部保険の場合には、比例填補の原則により、保険金額の保険価額に対する割合に応じて填補の額(保険金)を決定する。住宅火災保険や住宅総合保険などでは、この原則の運用を緩和し、保険金額が保険価額の80%以上の場合には保険金額を限度として損害額の全部が填補され、保険金額が保険価額の80%未満の場合には、次の方式によって支払われる。

 なお、保険金額が保険価額を超える場合を超過保険といい、同一の保険の目的に数個の保険をつけ、その保険金額の総額が保険価額を超過する場合を重複保険という。このような場合には、保険価額を超過した部分については保険金は支払われない。損害保険は、事故によって生じた損害を填補する保険であって、利得を与えるためのものではないからである。[金子卓治・坂口光男]

損害保険事業

損害保険事業は、歴史的にも論理的にも原基的な保険事業である。それはまず資本主義経済における社会的再生産の中心として、もっとも重要な資本の運動部面における偶然的損害の填補ということを中心に展開され、いいかえれば産業資本ならびに商業資本の運動との関連において、企業保険として確立された。
 損害保険事業のうち、営利保険としてもっとも早く行われるようになったのは海上保険であり、14世紀にイタリアの商業都市で始められ、交易範囲の拡大とともに、しだいにヨーロッパ諸国に広まった。火災保険は1666年9月のロンドン大火を契機にイギリスで始められ、1681年には最初の火災保険会社が設立された。日本では、1879年(明治12)に設立された東京海上保険会社(現在の東京海上日動火災保険株式会社)により海上保険が、1887年に設立された東京火災保険会社(のちの安田火災海上保険株式会社。2002年に株式会社損害保険ジャパンとなる)により火災保険が開始されたのが始まりである。
 前述のように、日本の現行保険法では生命保険と損害保険とを分けて規定しており、また保険業法では生命保険業と損害保険業の兼営を禁止している。日本の損害保険会社は2008年(平成20)現在52社である。なお、公正な損害保険の料率を算出することを目的に、1948年に「損害保険料率算出団体に関する法律」が制定され、これに基づいて同年に損害保険料率算定会、1964年に自動車保険料率算定会(自算会)が設立された(両算定会の統合により、2002年7月より損害保険料率算出機構)。損害保険会社は、こうした料率算定会が算出した保険料率を一律に採用してきた。しかし1996年12月の日米保険協議において、日本の損害保険料率の段階的な自由化が合意され、これを受けて1998年7月に算定会料率の使用義務は廃止された。[金子卓治・坂口光男]
『木村栄一著『損害保険論』第2版(1983・有斐閣) ▽植草益著『現代日本の損害保険産業』(1999・NTT出版) ▽高木秀卓・中西宏紀編『損害保険読本』第4版(1999・東洋経済新報社) ▽木村栄一・野村修也・平澤敦編『損害保険論』(2006・有斐閣) ▽松島惠著『損害保険入門』(2008・成文堂) ▽中村統太郎著『損害保険の知識』(日経文庫) ▽玉村勝彦著『損害保険の知識』新版(日経文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の損害保険の言及

【一部保険】より

…保険金額が保険契約の目的の価額(保険価額)を下回る損害保険契約をいう。保険価額は,保険契約の目的物件が所在する地におけるそのときの価額である。…

※「損害保険」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

損害保険の関連キーワード損害保険料率算出団体に関する法律あいおいニッセイ同和損害保険(財)損害保険事業総合研究所明治安田生命保険[相互会社]損害保険ジャパン日本興亜大東京火災海上保険[株]損害保険契約者保護機構損害保険料率算出機構三井住友海上火災保険ニッセイ同和損害保険損保ジャパン日本興亜保険契約者保護機構損害保険登録鑑定人損害保険ジャパン同和火災海上保険スミセイ損害保険日本損害保険協会日本興亜損害保険日本火災海上保険大成火災海上保険

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

損害保険の関連情報