コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

積算計 セキサンケイ

大辞林 第三版の解説

せきさんけい【積算計】

測定量を時間的に、または一定量ごとに区切り、これらを足し合わせて総量を指示する計器。電力量計・ガス-メーター・水道メーターなどに用いる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の積算計の言及

【カウンター】より

…時間に無関係に回った回数の測定や数値を計数する装置で,回数計,度数計,数取り,積算回転計,積算計などとも呼ばれている。歯車を利用した機械式と電磁石を利用した電気式に大別され,さらに電気的なパルス信号を計数するものに,パルスカウンター,一定の時間内だけのパルスを計数する(この場合は,回転数や周波数となる)ユニバーサルカウンターなどがある。…

※「積算計」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

積算計の関連キーワードコンベヤスケール水道メーターオドメーターENIACカウンターガス計量器電気計器電力量計総量

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

積算計の関連情報