コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

究極兵器 きゅうきょくへいきultimate weapon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

究極兵器
きゅうきょくへいき
ultimate weapon

水素爆弾弾頭装備の大陸間弾道ミサイルICBMが現れた 1950年代末頃から使われるようになった言葉。破壊力と目標への到達能力という点で当時としては兵器の極限を示すもので,それに対する有効な防御手段がないと考えられていたため,絶対兵器とも呼ばれた。しかし弾道ミサイル迎撃ミサイルABMが開発され,一方 ICBMも進歩を続け,潜水艦発射弾道ミサイルSLBMも出現している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の究極兵器の言及

【核戦略】より

…第2次世界大戦の終末期に広島,長崎で使用された核兵器は,在来の兵器に比べてけたはずれの破壊力を持つために,旧来の戦略思想を一変させた。核兵器はその巨大な破壊力のために〈究極兵器〉と呼ばれ,その使用は人類の破滅につながるので,戦争はできなくなったと見るものまでいた。しかし,第2次大戦後,核兵器は使用されなかったが,戦争は引き続いて発生してきた。…

※「究極兵器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

究極兵器の関連情報