空を使う(読み)そらをつかう

精選版 日本国語大辞典の解説

そら【空】 を 使(つか)

知らないふりをする。しらばっくれる。とぼける。また、うそをいう。そら吐(つ)く。
※歌舞伎・傾城黄金鱐(1782)二幕「此内勇蔵くるしみ血をはき死る。コリャ物をぬかせ、こいつそらをつかいおるそふな」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

空(そら)を使(つか)・う

知っていても、知らないふりをする。そらとぼける。「―・ってとりあわない」
うそを言う。
「早くしないと帰れなくなると―・うのだった」〈高見故旧忘れ得べき

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる