空を使う(読み)ソラヲツカウ

デジタル大辞泉の解説

空(そら)を使(つか)・う

知っていても、知らないふりをする。そらとぼける。「―・ってとりあわない」
うそを言う。
「早くしないと帰れなくなると―・うのだった」〈高見故旧忘れ得べき

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そらをつかう【空を使う】

知らないふりをする。そらとぼける。また、うそをつく。 「手前も剣道を心得てをりますから、と-・つて/真景累ヶ淵 円朝

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

空を使うの関連情報