コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

故旧忘れ得べき コキュウワスレウベキ

デジタル大辞泉の解説

こきゅうわすれうべき〔コキウわすれうべき〕【故旧忘れ得べき】

高見順の小説。昭和11年(1936)刊。大正末期から昭和初期に左翼運動に献身した学生たちが、10年後に虚無退廃に落ち込む姿を描く。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こきゅうわすれうべき【故旧忘れ得べき】

高見順長編小説。1935‐36年,《日暦》および《人民文庫》に連載。36年人民社より刊行。前半の《日暦》に掲載された部分で第1回芥川賞の候補となった。作者自身の旧制高校時代から大学卒業後転向まで,すなわち大正末から昭和10年代までの体験にもとづく回想風の小説。主人公の小関,副主人公の篠原はともに作者の分身といわれる。社研,ダダ,左翼と時代の流れを生きた彼らは,いまは世の中の谷間に取り残されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

故旧忘れ得べきの関連キーワードニルアドミラリずんべら坊くなくな高見 順もさもさ転向文学空を使う本建築裁き

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android