コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空光 くうこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

空光 くうこう

?-? 平安時代前期の画工。
承和(じょうわ)5年(838)智証大師円珍(えんちん)に命じられ,大師が修行中に感得した金色の不動明王像をえがいたという。近江(おうみ)(滋賀県)園城(おんじょう)寺に国宝「黄不動」としてつたわっている。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くうこう【空光】

自然光のうち、空で散乱してから地表へと到達するもの。一般的に色温度が非常に高い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

空光の関連キーワードH.H. ヒルデブランドソンヒルデブランドソンデイライトタイプいぬい とみこガス入り光電管スカイライト気象光学斜線制限直射日光曼陀羅寺光電管色温度大気光自然光画工照明承和地表慈山智幽

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

空光の関連情報