コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金色 きんいろ

8件 の用語解説(金色の意味・用語解説を検索)

色名がわかる辞典の解説

きんいろ【金色】

色名の一つ。黄金こがね色ともいう。英名はゴールド(gold)。JISの色彩規格に含まれるが、文章表現による定義はされていない。一般に、金属ののような輝きをもった色のこと。金は元素記号Au、原子番号79の希少金属で、貨幣や宝飾品として用いられるほか、金箔などに薄く延ばして装飾に用いる。漆工芸蒔絵まきえでは金粉を散らす。金色を4色印刷に用いるシアンマゼンタイエローブラックで正確に表すことはできないが、写真で撮影した金による造形物は撮影技術と印刷技術が優れていれば近い色が出せる。より正確に金色を表現したいときは金色のインクを使う。表紙のタイトルなどには金箔、または金箔に見える素材を使って箔押しをすることがある。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かな‐いろ【金色】

金属の色。
金めっき、または、真鍮(しんちゅう)製の銚子や提子(ひさげ)。〈易林本節用集

きん‐いろ【金色】

金のような輝きのある黄色。こがねいろ。こんじき。「金色の穂波」

きん‐しょく【金色】

きんいろ。

こん‐じき【金色】

黄金の色。きんいろ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かないろ【金色】

金属の色。 「身共が刀と焼刃、-、寸分違はぬ希代の業物/歌舞伎・浮世柄」
真鍮しんちゆうまたはスズ製の提子ひさげ。 「此の-なは酒ではないか/浄瑠璃・持統天皇」

きんいろ【金色】

金のような色。こがね色。こんじき。

こんじき【金色】

黄金の色。金色きんいろ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金色の関連キーワード黄橡黄金色黄金の波黄金の山黄金目貫黄金花咲く黄金羹黄金札黄金茸黄金餠

金色の関連情報