画工(読み)えだくみ

精選版 日本国語大辞典「画工」の解説

え‐だくみ ヱ‥【画工】

〘名〙
① 令制における画工司(えだくみのつかさ)。また、それに属する技術者。
※続日本紀‐大宝元年(701)七月戊戌「又工及主計主税笇師雅楽諸師如此之類、准官判任
② 絵かき。絵師画家
※みだれ髪(1901)〈与謝野晶子〉春思「恋と云はじそのまぼろしのあまき夢詩人もありき画だくみもありき」

が‐こう グヮ‥【画工】

〘名〙 絵をかく人。絵かき。えだくみ。
※貴嶺問答(1185‐90頃)「画工者戦場之要須也」 〔杜甫‐丹青引贈曹将軍覇詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「画工」の解説

が‐こう〔グワ‐〕【画工】

絵をかくのを職業とする人。絵かき。画家。
[類語]画家絵かき絵師画伯デザイナー画人墨客イラストレーター画工えだくみグラフィックデザイナー漫画家画聖画仙芸術家アーチスト職人熟練工工匠細工人研ぎ師飾り職彫り物師仏師陶工表具師

え‐だくみ〔ヱ‐〕【工】

絵かき。絵師。
[類語]絵描き画家絵師画伯デザイナー画人墨客イラストレーター画工がこうグラフィックデザイナー漫画家画聖画仙芸術家アーチスト

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の画工の言及

【文人画】より

… この文人画の起源について,単に文人の画という意味で,古く六朝時代の顧愷之(こがいし)や宗炳(そうへい)にまでさかのぼる意見があるが,文人が職業画家との違いをはっきり意識し,独自の芸術を展開したのは北宋以後のことである。蘇軾(そしよく)(東坡)が職業画家を画工と呼び,これと区別して士人画という言葉を用いたように,まず北宋後期の蘇軾の周辺に文人画の動きが現れた。蘇軾は先輩の文同の墨竹を高く称揚し,みずからも簡略な枯木竹石を描いた。…

※「画工」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android