空気療法(読み)くうきりょうほう

  • くうきりょうほう ‥レウハフ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 呼吸器疾患、特に結核患者のための療法。患者ができるだけ清浄な自然の中で生活をする大気療法と、全身を裸にして、ある時間空気にふれる空気浴とがある。〔現代語大辞典(1932)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android