コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空発 クウハツ

デジタル大辞泉の解説

くう‐はつ【空発】

[名](スル)
爆薬などが目的物を破壊することができず、むだに爆発すること。
小銃などで、ねらいを定める前に弾丸を発射すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くうはつ【空発】

( 名 ) スル
ねらいを定めないうちに弾丸が飛び出すこと。
爆薬などが目的物を爆破できず、むだに爆発すること。 「ダイナマイトは三十間けんの距離に於て-せしめたり/新粧之佳人 南翠

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

空発の関連キーワードフレデリック・ヘンリー ロイス福岡県町村会をめぐる汚職事件ハリー・ラルフ リカードレオニド.I. セドフ県庁・県警の不正経理所沢航空記念公園埼玉県所沢市並木ヒースロー空港航空エンジン代々木公園所沢[市]炭鉱用語集長岡外史富塚 清ポンプ航空法ラトー放熱器預け金目的物

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

空発の関連情報