コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

突き落とし つきおとし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

突き落とし
つきおとし

相撲の決まり手の一つ。寄り合い,押し合い中,相手が腰の備えを怠って出てきたとき,相手の左 (右) 差し手の外側にあたる腕のつけ根に,右 (左) 親指を入れ,他の四指を肩下にあてて (外ハズの型) 下方へ押しつけるようにしてねじり倒す。外ハズでなく,差し手であっても,ハズになって下へ押しつけるようにねじり倒せば「突き落とし」。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

突き落としの関連キーワードノートル・ダム・ド・パリ秋田連続児童殺害事件突き落とす・突き落す秋田・児童連続殺害東南アジア文学リッチモンド橋改正少年法イクシオンダイダロス御山の大将汚い戦争止動方角鼠の浄土船おろし品川心中上総掘り緊急避難突落すタロス決り手

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

突き落としの関連情報