突然変異育種法(読み)とつぜんへんいいくしゅほう

百科事典マイペディアの解説

突然変異育種法【とつぜんへんいいくしゅほう】

突然変異を利用した育種法。自然の突然変異の頻度はきわめて低いため,近年ではX線,γ線などの放射線の照射,遠心力,コルヒチンナイトロジェンマスタードなどの化学物質による人為突然変異を利用する。最も多く使われるのは放射線で,大規模な放射線育種場が作られている。
→関連項目品種改良

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ボヘミアン・ラプソディ(映画)

イギリス・米国の伝記映画。イギリスの人気ロックバンド・クイーンと、そのボーカルで1991年に45歳で死去したフレディ・マーキュリーの半生を描く。タイトルは同バンドが75年に発表したフレディ作の楽曲と同...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android