コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

窰洞 ようどうyáo dòng

世界大百科事典 第2版の解説

ようどう【窰洞 yáo dòng】

中国の華北,中原,西北地方などに見られる,切り立った壁面に掘って作る横穴式住居。中国音の〈ヤオトン〉でも知られる。黄土層の崩れにくい土質を巧みに利用し,夏涼しく冬暖かい利点がある。歴史的にも古く仰韶(ぎようしよう)文化の発掘例があり,宋代や明代の文献にもすでに地方的な住居形式として記述されている。甘粛省東部,陝西省北部,河南省西部が主要な分布地域で,このほか山西省中部,河北省北西部,内モンゴル自治区南西等にも分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の窰洞の言及

【住居】より

…構造は,細い柱を密に立てて貫で固める形式になる。
[河南等の窰洞]
 華北,中原,西北地方の黄土地帯に広範に分布する横穴式住居で,〈窰洞(ようどう)〉と呼ばれる。天然の黄土断崖を利用し,直接横穴を掘り進んだ最も簡素な形式が普遍的に見られるが,また人工的に地坑を掘り下げて中庭とし,その断面からさらに横穴を掘り広げたものもある。…

※「窰洞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

窰洞の関連キーワード洞穴住居南良和民家

窰洞の関連情報