中原(読み)ちゅうげん

精選版 日本国語大辞典「中原」の解説

ちゅう‐げん【中原】

[1] 〘名〙
① 広い野原中央
※本朝続文粋(1142‐55頃)一・西府作大江匡房〉「中原抽玉藻、上苑用瓊敷」 〔詩経‐小雅・小宛〕
天下の中央の地。辺境蛮国に対していう語。中国。天下。〔唐詩選国字解(1791)〕 〔春秋左伝‐僖公二三年〕
③ 転じて、政権を争う舞台。また、競争の場。
※談義本・風流志道軒伝(1763)叙「旋於中原者。其在斯人歟」
[2] 中国の黄河中流域の平原地帯。河南省山東省西部河北省山西省南部陝西(せんせい)東部を含む。漢文化発祥の地で、周代まで政治の中心地であった。チョンユマン。ひいて、中華、中国。

なかはら【中原】

神奈川県川崎市の行政区の一つ。多摩川右岸の低地にある。江戸時代、中原街道小杉宿があった。電気機器などの工業が盛ん。昭和四七年(一九七二成立

なかはら【中原】

姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「中原」の解説

中原【ちゅうげん】

中国の華北平原一帯をいう。もと周の畿内と漢族諸侯の封地のあった地域をさし,山東省西部,河北省,河南省,山西省南部,陝西省東部を含む黄河中下流域である。文化・経済の最も発達した中心地で,ここの主権を握ることが中国の制覇と同じに考えられ〈中原に鹿(ろく)を逐(お)う〉という言葉が生まれた。
→関連項目開封河南[省]函谷関漢水城子崖遺跡中華人民共和国平型関

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「中原」の解説

中原
ちゅうげん
Zhong-yuan; Chung-yüan

古代中国の中心地域で,転じて中国とか天下の。古代中国文化が繁栄した周とその封建諸侯の地域をさし,異文化をもつ民族を周辺の東夷西戎南蛮北狄などの蔑称と対比させて用いた。黄河中流域で現在の河南,山東省西部,河北,山西省南部,陝西省東部であったが,時代とともに拡大され,南北朝には黄河下流域も入り,,元,明では揚子江流域の江南に対して華北一帯を呼ぶ。

中原
なかばる

佐賀県東部,みやき町北部の旧町域。脊振山地南斜面および佐賀平野東部にある。 1971年町制。 2005年北茂安町,三根町と合体し,みやき町となる。早くから開けた地で,古墳や古代遺跡がある。米作畜産が行なわれる。第2次世界大戦後,東に隣接する鳥栖市に続いて工業化が進み,機械,自動車部品などの工場が進出。古社綾部八幡神社がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「中原」の解説

ちゅう‐げん【中原】


野原の中央。
辺境に対して、天下中央の地。また、天下。
政権を争う場。また、競争の場。
中国で文明の興った黄河中流域の平原地帯をいう。現在の河南省山東省山西省大部分と、河北省陝西せんせいの一部。

なかはら【中原】[地名]

神奈川県川崎市の区名。中心の小杉は、江戸から平塚市中原に至る中原街道の宿駅として発達。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

旺文社世界史事典 三訂版「中原」の解説

中原
ちゅうげん

中国古代文明の発生地である黄河中下流の平原
古来,文化・経済の最も発達した地域であるため,この地方をおさえることが全中国統一の前提とされ,「中原に鹿を追う」の語が生まれた。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典 第2版「中原」の解説

ちゅうげん【中原 Zhōng yuán】

中国古代文化の中心で,漢民族発展の根拠となった地域。今日の河南省を中央に東は山東省の西部,西は陝西省の東部にわたる,黄河中下流域の平原をさす。春秋戦国時代には周の王都がその中心に位置していたので,中原を制すれば天下を取ることができると考えられた。成語の〈中原に鹿を逐(お)う〉とは天下を争奪する謂である。のち漢民族の勢力四方に伸び,とくに南方に発展してからも,中原は民族の故郷の地として重視せられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

普及版 字通「中原」の解説

【中原】ちゆうげん

なか。中国。宋・陸游〔児に示す〕詩 王師北のかた中原をむる日 家祭、るること無(なか)れ、(だいをう)にぐることを

字通「中」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の中原の言及

【河南[省]】より

…4地区,13地級市,25県級市,91県からなり,省都は鄭州市である。中国の古代地理書である〈禹貢〉(《書経》の中の一編)には九州の一つとして予州とみえ,ほぼ天下の中央に相当するので中州または中原ともよばれた。もともと河南とは黄河の南岸に近い洛陽地方を意味し,中国文化発生地の一つである。…

【吹上[町]】より

…中世には伊作は伊作荘に,永吉は日置南郷に属し,ともに島津氏の直轄領として栄えた。江戸時代には伊作荘は伊作郷,日置南郷は永吉郷となり,伊作郷の中原には島津氏の居城亀丸城が置かれ,城下町として栄えた。基幹産業は農業で,稲作,タバコ,野菜栽培を主とし,養豚,ポンカン栽培も行われる。…

※「中原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android