土質(読み)どしつ

精選版 日本国語大辞典「土質」の解説

ど‐しつ【土質】

〘名〙
土壌性質
※東巡録(1876)〈金井之恭〉三「然れども土は、山野を除き概ね肥沃なるを以て、物産に乏からず」 〔書経疏‐洪範〕
② 土を構成している物質。
※培養秘録(1840)五「土硫黄とは、硫黄の下品にして、土質の淆橘したる者を云ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android