コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立ち出づ タチイズ

デジタル大辞泉の解説

たち‐い・ず〔‐いづ〕【立ち出づ】

[動ダ下二]
立って外へ出る。その場を去る。
「ここなるこれかれ送りに―・でたれば」〈かげろふ・中〉
立って来る。出て来る。
「かの小柴垣(こしばがき)のほどに―・で給ふ」〈・若紫〉
表だったところに出る。出しゃばる。
「数ならぬ人の並びきこゆべきおぼえにもあらぬを、さすがに、―・でて、人もめざましと思す事やあらむ」〈・薄雲〉
表面に出る。現れてくる。
「打ちそへて、もとよりの憎さも―・でて」〈桐壺

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たちいず【立ち出づ】

( 動下二 )
その場を去る。出てゆく。 「 - ・でて山の井に行きて/大和 155
その場に現れる。出てくる。 「きこゆべき事ありてなむ、-・で給へ/落窪 1
おもて立ったところに出る。 「世に-・でば人やとがめん/新撰六帖 5
形となって表にあらわれる。 「もとよりの憎さも-・でて/源氏 桐壺

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

立ち出づの関連キーワード吾かにもあらずけたたましいぞぞ髪立つぼっこむ行き合ひ小柴垣雲の脚