立天門冬(読み)タチテンモンドウ

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

立天門冬 (タチテンモンドウ)

学名:Asparagus cochin chinensis var.Pygmaeus
植物。ユリ科の多年草,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たち‐てんもんどう【立天門冬】

〘名〙 ユリ科の常緑多年草。クサスギカズラの変種で原産地は不明。観賞用に栽培される。高さ一五~二〇センチメートル。根は肥厚し長楕円状紡錘形。茎の下部には鱗状の葉を密生。葉状枝は長さ一~二センチメートルの線形で節ごとに三~四個ずつつく。花はつかない。特生天門冬は和製の漢名。たちすぎくさ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android