立川 談志(4代目)(読み)タテカワ ダンシ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

立川 談志(4代目)
タテカワ ダンシ


職業
落語家

本名
中森 定吉

別名
前名=桂 才太郎,桂 才二郎,桂 文鏡

生年月日
?

出生地
江戸・芝(東京都)

経歴
初め2代目桂才賀の門人で才太郎と名乗り、ついで才二郎と改名。のち6代目桂文治門下となり文鏡を経て、明治10年4代目立川談志を襲名する。扇子一本で真打をつとめる実力派だが、ステテコの初代円遊、ヘラヘラの初代万橘、ラッパの4代目円太郎らと並び、釜掘りの談志と云われて、珍芸四天王の一人として大人気を得た。釜掘りとは「唐土二十四孝」の中から郭巨の故事をネタに、赤ん坊にみたてた座布団を抱いてテケレッツのバァと文句を早口で繰り返す他愛のないものだった。珍芸では円遊のライバルとして13年頃から20年代になる頃までこの珍芸ブームが続いた。四天王の中では一番早く没した。

没年月日
明治22年 5月10日 (1889年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android