ラッパ(英語表記)bugle; trumpet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ラッパ」の解説

ラッパ
bugle; trumpet

喇叭と書かれる。金管楽器総称であるが,特に軍隊で用いられるものは軍用ラッパと称する。語源サンスクリット語の rappaで,角笛などの擬声音が転じたという。日本へは幕末に洋式軍隊教練とともに輸入され,旧陸軍では,兵舎での起床消灯戦場での突撃などに用いられた。軍隊の信号ラッパがなく,ド,ミ,,ドなどの決った自然倍音しか出せない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android