コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラッパ bugle; trumpet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラッパ
bugle; trumpet

喇叭と書かれる。金管楽器の総称であるが,特に軍隊で用いられるものは軍用ラッパと称する。語源はサンスクリット語の rappaで,角笛などの擬声音が転じたという。日本へは幕末に洋式軍隊教練とともに輸入され,旧陸軍では,兵舎での起床,消灯,戦場での突撃などに用いられた。軍隊の信号ラッパは弁がなく,ド,ミ,ソ,ドなどの決った自然倍音しか出せない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ラッパの関連キーワードラッパチョウ(喇叭鳥)Deep Impact添田唖蝉坊・添田啞蟬坊平和ラッパ・梅乃ハッパトランペット吹きの休日橘家 円太郎(4代目)ラッパヤルヴィ北九州炭坑節聖マリア教会シェッフェルポストホルン大草理乙子ソランドララッパムシチャルメラドデカバシラッパウニ田園交響曲添田唖蝉坊ホウキタケ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラッパの関連情報