座布団/座蒲団(読み)ザブトン

日本文化いろは事典の解説

座布団

座布団は現在でも和室での作法の1つとして、古くからの伝統が残っています。現在の住宅で日常的に使われる座布団には、中身とカバーが別物として存在し、和室であれ洋室であれ、部屋の雰囲気に合わせた外観のものが使い分けられています。

出典 シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ざぶとん【座布団】

座るとき下に敷く布団。表地の材料は5枚続きを一組として織られた八端(はつたん)や銘仙,縮緬(ちりめん),御召,紬(つむぎ),緞子(どんす)などの絹布や,綿布,麻布で,四角または前後にやや長めの形(標準は59cm×63cm)の皮を作り,中に木綿綿(1枚300gを6枚くらい)を入れるのがふつうである。夏用にはイ(藺)やパナマソウを編んだものも使われ,最近用いられているカバー敷きのものは中綿(なかわた)に化繊綿やウレタンフォームなども用いる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の座布団/座蒲団の言及

【敷物】より

…すわる風習の場合には,すわりごこちを快適にするのが主目的であるが,椅子式の風習の場合には,室内を美化することと足ざわりを柔らかくするのが目的である。前者には,むしろ,ござ,畳,座布団などがあり,後者には,緞通(だんつう),絨毯(じゆうたん)(カーペット),ラッグやマットなどがある。カーペットは所定の場所に固定して敷きつめるもの,ラッグは暖炉の前などに飾りに敷いたりする小型で任意の場所に随時に用いられるもの,マットはだいたい粗末な材料で作ったもので,浴場の足ふき(バス・マット)や玄関の靴ふきなどに用いられる。…

※「座布団/座蒲団」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android