立志伝中の人(読み)りっしでんちゅうのひと

精選版 日本国語大辞典「立志伝中の人」の解説

りっしでん【立志伝】 中(ちゅう)の人(ひと)

若い時に、に倍する努力苦労とを積み重ねて、事業などに成功し、社会的に認められるようになった人。
※閑耳目(1908)〈渋川玄耳〉金費ひの術「一代分限の好標本とし紀の国屋文左衛門は寔に立伝中(リッシデンチウ)の人(ヒト)たるに愧ぢぬが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「立志伝中の人」の解説

立志伝(りっしでん)中(ちゅう)の人(ひと)

苦労と努力を重ねて志を遂げ、成功した人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android