立憲民主連合[チュニジア](読み)りっけんみんしゅれんごう[チュニジア](英語表記)Rassemblement Constitutionnel Democratique

  • りっけんみんしゅれんごう
  • チュニジア
  • 立憲民主連合

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

略称 RCDチュニジアの政権政党。 1920年設立のデストゥール (立憲) 党の方針に批判的な勢力が 34年に結成したネオ・デストゥール (新立憲) 党を母体とする。チュニジアの独立運動を主導し,56年3月の独立達成直後に行われた制憲議会選挙で全 98議席を獲得,H.B.A.ブルギバ内閣を組閣。 57年に共和制に移行するとともにブルギバは大統領に就任。 64年 10月には立憲社会党へと改編し,その後社会主義的政策から自由主義経済に転換させていった。 87年ブルギバに代りゼイン・エル・アビディン・ベンアリが新大統領に就任し,野党の公認など政治的自由化および旧党指導部の刷新を打出した。 88年現党名に改称。 89年4月の大統領選挙でベンアリが無競争で再選され,同時に行われた総選挙では全議席を獲得。さらに 94年3月の大統領選挙でもベンアリは無投票で勝ち,国民議会選挙でも 163議席のうち 144議席を占めた。初の複数政党制で行われた 99年 10月の総選挙でも圧勝し,ベンアリは3選を果した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android