コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立(ち)頭 タチガシラ

1件 の用語解説(立(ち)頭の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たち‐がしら【立(ち)頭】

能・狂言で、立ち衆を統率する役。立ち衆頭。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の立(ち)頭の言及

【アド】より

…アドが2人以上になると主(おも)アド・次アド,あるいは一のアド・二のアド・三のアドとよぶこともあるが,和泉流では主アド以外は一括して小アドという。また参詣人,花見客など同性格の数人一団の登場者は立衆,その統率者は立頭(たちがしら)とよぶ。アドの語源は,人を率いる意の〈あどもふ〉とも,応答する・相槌を打つ意の〈あどうつ〉ともいわれる。…

【立衆】より

…狂言の立衆は能と類似の役柄のほか,連歌などの同好の連中(《千切木》など)の例や,花やかな女性役の立衆の登場する例(《髭櫓(ひげやぐら)》《釣針》など),異類である鬼や菌(くさびら)の立衆の現れる例(《首引》《菌》など)が比較的多いのが特徴。なお,狂言では立衆のうちの筆頭者をとくに立衆頭(たちしゆうがしら)または立頭(たちがしら)といい,また,立衆を要する演目を大勢物(おおぜいもの)と呼びならわしている。【羽田 昶】。…

※「立(ち)頭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone