コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立(ち)頭 タチガシラ

1件 の用語解説(立(ち)頭の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たち‐がしら【立(ち)頭】

能・狂言で、立ち衆を統率する役。立ち衆頭。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の立(ち)頭の言及

【アド】より

…アドが2人以上になると主(おも)アド・次アド,あるいは一のアド・二のアド・三のアドとよぶこともあるが,和泉流では主アド以外は一括して小アドという。また参詣人,花見客など同性格の数人一団の登場者は立衆,その統率者は立頭(たちがしら)とよぶ。アドの語源は,人を率いる意の〈あどもふ〉とも,応答する・相槌を打つ意の〈あどうつ〉ともいわれる。…

【立衆】より

…狂言の立衆は能と類似の役柄のほか,連歌などの同好の連中(《千切木》など)の例や,花やかな女性役の立衆の登場する例(《髭櫓(ひげやぐら)》《釣針》など),異類である鬼や菌(くさびら)の立衆の現れる例(《首引》《菌》など)が比較的多いのが特徴。なお,狂言では立衆のうちの筆頭者をとくに立衆頭(たちしゆうがしら)または立頭(たちがしら)といい,また,立衆を要する演目を大勢物(おおぜいもの)と呼びならわしている。【羽田 昶】。…

※「立(ち)頭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

立(ち)頭の関連キーワード主幹立衆あいしらい軍帥囃子事弓頭棹立ち台輔立ち煩ふ基蔵

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone