コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立衆 たちしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

立衆
たちしゅう

能および狂言の役の名。ツレ,ワキツレ,狂言のアドが大勢登場する場合の役をいう。たとえば,能の『安宅』の山伏や,狂言の『博奕 (ばくち) 十王』の鬼などがそれにあたる。立衆の先頭の一人が全体をリードするときは,その役を立衆頭または立頭という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たち‐しゅう【立(ち)衆】

能・狂言の端役で、数人が同じ役目で一団となって登場するもの。能で軍勢従者など、狂言で町衆・小鬼など。たちしゅ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たちしゅう【立衆】

能・狂言の役種。能のシテヅレワキヅレ,狂言のアドのうち数人いっしょに登場する端役の総称。人数にとくにきまりはないが,通常4人以上で,5~7人ぐらいのことが多く,9~10人に及ぶ例もある。能のシテヅレの立衆は《摂待》《大仏供養》《藤栄》など,ワキヅレの立衆は《羅生門》《大江山》《鷺》など,おおむね軍勢,従者のたぐいで,演目は四番目物または五番目物。狂言の立衆は能と類似の役柄のほか,連歌などの同好の連中(《千切木》など)の例や,花やかな女性役の立衆の登場する例(《髭櫓(ひげやぐら)》《釣針》など),異類である鬼や菌(くさびら)の立衆の現れる例(《首引》《菌》など)が比較的多いのが特徴。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の立衆の言及

【狂言】より

…そのうえ狂言のせりふは,現代語の母胎である中世口語を基調としているし,扮装も様式化はされているが当時の姿をかなり忠実に写しているので,その舞台はいわば〈動く室町庶民風俗絵巻〉の感があり,狂言は古典芸能とはいいながら,現代の誰からも親しまれる条件を備えているといえる。一番の狂言に登場する人物は,ほとんどが2~4人,中には多人数物もあるが,それも主要人物はやはり2,3人で,それ以外の者は立衆(たちしゆう)と呼ばれて一団となって行動する。主役をシテ,それ以外をアドと呼ぶが,和泉流では主アド以外を特に小(こ)アドと呼んでいる。…

【能】より

…2人以上のアイについては,重要な1人をオモアイ,他をアドアイと言い分けることがある。同扮装で多人数出て一連の行動を共にするシテヅレ,ワキヅレ,アドアイを,いずれも立衆(たちしゆう)と称する。少年の役者が扮する役を子方(こかた)というが,特別な場合を除いてシテ方から出る。…

※「立衆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

立衆の関連キーワード松木 千冬鵜沢 雅村寄合

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

立衆の関連情報