コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜尾道 リュウビドウ

デジタル大辞泉の解説

りゅうび‐どう〔‐ダウ〕【竜尾道】

平安京大極殿竜尾壇に上る東西2本の通路。たつのおのみち。
中国、の含元殿の前庭にあった石畳の歩道。竜の尾のごとく曲がりくねっていたことからいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りゅうびどう【竜尾道】

平安京大極殿の竜尾壇に昇る通路。東西の二道があった。たつのおのみち。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の竜尾道の言及

【竜尾壇】より

…それ以前の宮のうち藤原宮,平城宮(第2次),長岡宮では大極殿の南には門と築地があって朝堂は大極殿からは見えないようになっており,竜尾壇もなかった。平安宮では竜尾壇の上には朱欄があって大極殿と朝堂院とを区画しており,両者の往来のためには,東西に竜尾道が設けられていた。さらに東西の端には階段も設けられていた。…

※「竜尾道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

竜尾道の関連キーワード尾張浜主竜尾二道

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android