コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜尾壇 リュウビダン

デジタル大辞泉の解説

りゅうび‐だん【竜尾壇】

平安京大極殿南庭の壇。この前方(南)は一段低くなっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうびだん【竜尾壇】

平安宮朝堂院の北端にある壇。壇上に大極殿(だいごくでん)がたち,そこから朝堂全体が見わたせるようになっていた。それ以前の宮のうち藤原宮,平城宮(第2次),長岡宮では大極殿の南には門と築地があって朝堂は大極殿からは見えないようになっており,竜尾壇もなかった。平安宮では竜尾壇の上には朱欄があって大極殿と朝堂院とを区画しており,両者の往来のためには,東西に竜尾道が設けられていた。さらに東西の端には階段も設けられていた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

りゅうびだん【竜尾壇】

平安京大極殿の南庭にあった石造りの壇。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

竜尾壇の関連キーワード石造り朝賀南庭

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android