コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前庭 ぜんていvestibule

翻訳|vestibule

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

前庭
ぜんてい
vestibule

内耳の骨迷路における空間の一つで,蝸牛と骨半規管の間にあり,卵形嚢球形嚢がある。狭義にはこの2つを前という。前庭の外壁には前庭窓があって,ここにアブミ骨底がはまっている。球形嚢と卵形嚢には,それぞれ有毛細胞を有する平衡斑と呼ばれる感覚上皮部があり,その上の耳石が,重力その他の頭部の運動により有毛細胞に影響を及ぼすことで,平衡感覚が生じると考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ぜんてい【前庭】

建物の前方の庭。 ↔ 後庭
解剖学などで、ある部位の手前にある平らな部分。
内耳の一部。渦巻管と半規管との間にある不規則な卵形および球形の部分。半規管とともに平衡感覚を感受する。

まえにわ【前庭】

建物の前にある庭。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の前庭の言及

【三半規管】より

…耳のいちばん奥にある内耳の一部を形成している三つの管状器官。内耳には音を感ずる蝸牛,身体の平衡感覚に関係する前庭・三半規管がある。前庭vestibuleが直線加速度・重力・遠心力などを感受するのに対し,三半規管は回転加速度刺激を感受している。…

【耳】より

…内耳の実質をなすのは〈迷路〉と呼ばれる複雑な囊状の構造で,これは動物のグループによってかなり異なるが,一般的には〈卵形囊〉とそれに付属した半円形の管である〈半規管〉,および〈球形囊〉とそれから伸びた〈蝸牛(かぎゆう)管〉という4部の中空の小囊から成る(ただし下等脊椎動物は蝸牛管をもたない)。卵形囊と球形囊は内耳の中心部をなし,これらをあわせて〈前庭〉という。半規管は平衡覚,蝸牛管は聴覚を分担する。…

※「前庭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

前庭の関連キーワード良性発作性頭位目眩症ウッドデッキ前庭動眼反射フゴッペ遺跡バルトリン腺賢所御神楽梨壺・梨壷キロモナス内リンパ管内耳神経固有反射前庭器官粟穂稗穂前庭ヒダ平衡器官迷路反射蝸牛殻外陰部孤篷庵前庭腺

前庭の関連情報