竜門原上の土に骨を埋むとも名を埋めず(読み)リュウモンゲンジョウノツチニホネヲウズムトモナヲウメズ

デジタル大辞泉の解説

竜門(りゅうもん)原上(げんじょう)の土(つち)に骨(ほね)を埋(うず)むとも名(な)を埋(う)めず

白居易「題故元少尹集」から。元宗簡の遺文として述べたで、肉体竜門に葬られたが、書き残した遺文30巻は立派なものなので、その名声後世に残るという死後に立派な名を残すこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android