コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜門原上の土に骨を埋むとも名を埋めず リュウモンゲンジョウノツチニホネヲウズムトモナヲウメズ

デジタル大辞泉の解説

竜門(りゅうもん)原上(げんじょう)の土に骨を埋(うず)むとも名を埋(う)めず

白居易「題故元少尹集」から。元宗簡の遺文の序として述べた句で、肉体は竜門に葬られたが、書き残した遺文30巻は立派なものなので、その名声は後世に残るという意》死後に立派な名を残すこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android