遺文(読み)いぶん

精選版 日本国語大辞典「遺文」の解説

い‐ぶん ヰ‥【遺文】

〘名〙
① 死んだ人が書きのこしておいた文章類。また、生前には発表されなかった文章類。
※和漢朗詠(1018頃)下「范別駕(はんべつか)文を集む〈源順〉」
② 現存する過去の文章・文献。
※足利本論語抄(16C)述而第七「文は六籍、古の遺文なり」 〔史記‐太史公自序

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「遺文」の解説

い‐ぶん〔ヰ‐〕【遺文】

故人が生前に書き残した文章。
過去の文献で現存しているもの。「平安遺文

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「遺文」の解説

【遺文】いぶん

生前に書き残した文章。昔の文書。〔史記、太史公自序〕百年の天下古事、畢(ことごと)く太に集まらざるは靡(な)し。

字通「遺」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android