遺文(読み)いぶん

精選版 日本国語大辞典の解説

い‐ぶん ヰ‥【遺文】

〘名〙
① 死んだ人が書きのこしておいた文章類。また、生前には発表されなかった文章類。
※和漢朗詠(1018頃)下「范別駕(はんべつか)の遺文を集む〈源順〉」
② 現存する過去の文章・文献。
※足利本論語抄(16C)述而第七「文は六籍、古の遺文なり」 〔史記‐太史公自序〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

い‐ぶん〔ヰ‐〕【遺文】

故人が生前に書き残した文章。
過去の文献で現存しているもの。「平安遺文

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android