コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜門 リュウモン

デジタル大辞泉の解説

りゅうもん【竜門】

中国、河南省洛陽の南の地。伊河を挟んで東西に対峙する山が門を思わせる。竜門石窟(せっくつ)がある。伊闕(いけつ)。
中国、黄河中流の急流。山西省河津と陝西(せんせい)省韓城との境付近にある。魚が登りきると竜になるという。→登竜門(とうりゅうもん)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りゅうもん【竜門】

奈良県吉野郡、竜門岳東南斜面、吉野川沿いの地名。竜門寺跡・竜門滝などがある。
中国、河南省洛陽の南の地。伊水いすい(洛水)の両岸に石灰岩の山岳が対峙し門闕もんけつのようであることから伊闕いけつともいう。石窟寺院の遺跡で名高い。ロンメン。
中国、黄河中流の急流。山西・陝西両省の境にある。鯉こいなどの魚が登り切れば竜になるという。 → 登竜門
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竜門
りゅうもん

奈良県中央部、宇陀(うだ)市大宇陀地区と吉野郡吉野町の境に位置する竜門岳を中心とする地域で、大宇陀地区の旧上竜門村、吉野町の旧竜門・中竜門両村の範囲。中世の竜門郷の地。西流する吉野川北岸地域の低い丘陵地に農山村が点在する。東西に走る中央構造線の谷にかつて伊勢(いせ)参宮街道が通じ、宿場集落が発達した。付近には久米仙人(くめのせんにん)の伝説のある竜門寺跡や竜門滝などがある。[菊地一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の竜門の言及

【竜門石窟】より

…中国,河南省洛陽の南14kmにある仏教石窟。伊水が北流し二つの山が岸をはさんで対峙し,形状が門闕(もんけつ)のようになっているので,伊闕または竜門と呼ばれた。石窟群は両岸の崖壁にあって,石窟1352,龕(がん)785を今かぞえる。…

※「竜門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

竜門の関連キーワード竜門原上の土に骨を埋むとも名を埋めず佐賀県西松浦郡有田町広瀬山甲チンチョウ(欽州)湾ロンメン(竜門)峡鮫肌焼き・鮫肌焼熊本県菊池市龍門西谷村又兵衛竜門二十品鯉の滝登り鞏県石窟竜門様式敦煌石窟石窟寺院盤珪永琢龍門石窟久米仙人竜門石窟竜門文庫宮瀬竜門雲崗石窟

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

竜門の関連情報