章を断ち義を取る(読み)ショウヲタチギヲトル

  • しょう
  • を 断(た)ち義(ぎ)を取(と)る
  • 章(しょう)を断ち義を取る

大辞林 第三版の解説

中庸の孔穎達疏
詩文の一部分だけを抜き出して、原文の意味と無関係に利用すること。断章取義。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

詩文の一部分だけを取り、原文の前後関係にこだわらないで、その意味だけを取る。
※童子問(1707)下「且古書引詩者。多断章取義。蓋古人用詩之通法也」 〔孟子注‐滕文公・上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android