コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

断章取義 ダンショウシュギ

デジタル大辞泉の解説

だんしょう‐しゅぎ〔ダンシヤウ‐〕【断章取義】

作者の本意詩文全体の意味に関係なく、その中から自分の役に立つ章句だけを抜き出して用いること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だんしょうしゅぎ【断章取義】

〔孟子 滕文公上注
詩文の一部だけを切り離して、自分に都合よく解釈して使うこと。断章。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

断章取義の関連キーワード章を断ち義を取る作者断章孟子