コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

童謡殺人 ドウヨウサツジン

デジタル大辞泉の解説

どうよう‐さつじん〔ドウエウ‐〕【童謡殺人】

推理小説の題材として使われる殺人の一。見立て殺人の一種で、童謡に見立てて殺人を犯すこと。アガサ=クリスティの「そして誰もいなくなった」、横溝正史の「悪魔の手毬唄(てまりうた)」などが知られる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

童謡殺人の関連キーワードねじれた家クリスティ推理小説

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android