コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横溝正史 よこみぞ せいし

美術人名辞典の解説

横溝正史

小説家。神戸市生。雑誌『新青年』に掲載された「恐ろしき四月馬鹿」が処女作。のち江戸川乱歩のすすめで上京し雑誌編集の傍、探偵小説の翻訳・創作を行った。文筆活動に千年後、日本の風土を生かした論理的な本格推理小説を続々と発表、名探偵金田一耕助の登場する『本陣殺人事件』で第一回探偵作家クラブ賞を受賞した。代表作に『獄門島』『八つ墓村』『悪魔の手鞠唄』等がある。昭和56年(1981)歿、79才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

横溝正史

1902年生まれ。46年、探偵金田一耕助を初めて登場させた「本陣殺人事件」を発表。第1回探偵作家クラブ賞長編賞受賞。約35年前から、金田一作品が相次いで映画化され、ブームを起こした。81年、79歳で死去

(2012-10-17 朝日新聞 朝刊 都区内 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

百科事典マイペディアの解説

横溝正史【よこみぞせいし】

小説家。兵庫県生れ。大阪薬学専門学校卒。《新青年》に投稿した《恐ろしき四月馬鹿》が入選。江戸川乱歩の勧めで上京,博文館に入社し,《新青年》《探偵倶楽部》などの編集に携わる。
→関連項目推理小説宝石

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

横溝正史 よこみぞ-せいし

1902-1981 昭和時代の小説家。
明治35年5月25日生まれ。博文館にはいり「新青年」編集長をつとめ,昭和7年から文筆に専念。22年の「本陣殺人事件」を手はじめに,「獄門島」「悪魔の手毬唄(てまりうた)」など,日本的風土を背景に名探偵金田一耕助が活躍する本格推理小説をつぎつぎに発表した。時代小説「人形佐七捕物帳」も知られる。昭和56年12月28日死去。79歳。兵庫県出身。大阪薬専(現阪大)卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

よこみぞせいし【横溝正史】

1902~1981) 小説家。兵庫県生まれ。日本の風土や土着性に根ざした推理小説で人気を集める。「本陣殺人事件」「八つ墓村」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

横溝正史
よこみぞまさし

[生]1902.5.25. 神戸
[没]1981.12.28. 東京
小説家。 1924年大阪薬専卒業。 26年博文館に入社し,『面影双紙』 (1933) ,『鬼火』 (35) ,『真珠郎』 (36~37) などロマン的色彩の濃い推理小説を発表,江戸川乱歩と並び称された。 38~39年『人形佐七捕物帳』シリーズを書いたが,第2次世界大戦後は本格推理小説を目指し,『本陣殺人事件』 (46) ,『八つ墓村』 (49~50) ,『悪魔が来りて笛を吹く』 (51~53) ,『悪魔の手毬唄』 (57~59) などを発表。日本の風土にひそむ土着的なものをプロットにからませている点に特色があり,多くの読者を集めた。

横溝正史
よこみぞせいし

横溝正史」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

横溝正史
よこみぞせいし
(1902―1981)

推理作家。神戸市生まれ。大阪薬学専門学校卒業後、博文館に入社。1928年(昭和3)森下雨村(うそん)の跡を継いで『新青年』の編集長となり、海外推理小説の名作を紹介するかたわら、推理小説を執筆、『鬼火』『蔵の中』『真珠郎』などを発表した。いずれも耽美(たんび)的で、草双紙趣味にあふれた、論理的推理小説とは異質のものであった。第二次世界大戦後、46年(昭和21)から47年にかけて『本陣殺人事件』と『蝶々(ちょうちょう)殺人事件』を発表。これらは戦前とは作風を一変する本格的トリック小説で、戦後の本格長編リバイバルの原動力となった。その作風はディクスン・カーに触発されたもので怪奇性と論理的トリックを日本的風土のなかで融合させている。その後も『獄門島』『悪魔の手毬唄(てまりうた)』などの力作を発表し、名探偵金田一(きんだいち)耕助は乱歩の明智小五郎(あけちこごろう)と並ぶポピュラーな存在となった。[厚木 淳]
『『獄門島』『悪魔の手毬唄』(角川文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の横溝正史の言及

【推理小説】より


[歴史――日本]
 明治時代の黒岩涙香などの翻訳・翻案によってイギリス,アメリカ,フランスの探偵小説(と当時は呼ばれていた)が日本に紹介されたが,創作の優れた作品といえば,大正期の谷崎潤一郎《途上》(1920),芥川竜之介《藪の中》(1922),佐藤春夫《女誡扇綺譚》(1925)などを待たねばならない。これらの作家はもちろん推理小説的作品だけを書いたわけではないが,後に日本最初の推理小説作家と呼ばれた江戸川乱歩,横溝正史(1902‐81)らは,上記の作品によって大きな刺激を受け,とくに怪奇,幻想の特色を受け継いだのであった。 1920年1月に創刊された雑誌《新青年》は,編集長の森下雨村の好みもあって,はじめから海外探偵小説の翻訳・紹介をその特色としたが,同時に新人の創作を募集した。…

※「横溝正史」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

横溝正史の関連キーワードジョン・ディクソン カー岡山県倉敷市真備町岡田横溝正史ミステリ大賞病院坂の首縊りの家日本推理作家協会賞山梨県山梨市江曽原真備ふるさと歴史館金田一耕助の冒険角川書店(株)新青年(日本)山梨県山梨市竹中 英太郎角田喜久雄小林 昭二川上たけし高木彬光童謡殺人昭和時代都井睦雄ring

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

横溝正史の関連情報