端本・破本(読み)はほん

精選版 日本国語大辞典「端本・破本」の解説

は‐ほん【端本・破本】

〘名〙 全集などひとそろいのうち全部はそろっていない。特に、残存の部分が少ないものをいう。また、そういう本のうちの一冊にもいう。零本。
※弁疑書目録(1710)中「は闕巻、不足本、離本(はなれぼん)破本(ハホン)とも云」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android