残存(読み)ざんぞん(英語表記)survivals

  • ざんそん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

進化主義人類学概念。文化を構成する諸要素が,相互に関連し合って進化してゆくのは,自然的・文化的環境に適応しているからであり,適応しなくなったものは前代文化の遺物として文化の進化から取残される。この観点でみれば,過去の文化形態は,その取残された残存文化のなかから知ることができ,文化の発展過程を跡づけることができるという。この残存文化の研究を通じて人類文化史を再構成するのが歴史主義民族学の研究であると考えられていた。また,このように文化を過去の残存物とする考え方は,柳田国男をはじめとして日本民俗学の有力な方法論の一つでもあった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)《「ざんぞん」とも》なくならないで残っていること。同類の多くがなくなったあとも、なお残っていること。「社会に根強く残存する偏見」「残存勢力」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スル
ざんぞんとも
残っていること。 土中に-する養分

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「ざんそん」とも) なくならないで残っていること。残りとどまること。生き残ること。また、そのものや人。
※経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「斯くて後ち原頭に残存する死屍を点検したりしに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーナー商法

物品や権利を消費者に販売すると同時にその物品・権利を事業者が預かり、生産・運用・レンタル・管理・保管などの利殖の高さをうたって資金を集める商法。見かけ上は購入者が物品・権利のオーナーとなるため、こうよ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

残存の関連情報