コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

残存 ざんぞんsurvivals

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

残存
ざんぞん
survivals

進化主義人類学の概念。文化を構成する諸要素が,相互に関連し合って進化してゆくのは,自然的・文化的環境に適応しているからであり,適応しなくなったものは前代文化の遺物として文化の進化から取残される。この観点でみれば,過去の文化形態は,その取残された残存文化のなかから知ることができ,文化の発展過程を跡づけることができるという。この残存文化の研究を通じて人類の文化史を再構成するのが歴史主義民族学の研究であると考えられていた。また,このように文化を過去の残存物とする考え方は,柳田国男をはじめとして日本民俗学の有力な方法論の一つでもあった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ざん‐そん【残存】

[名](スル)《「ざんぞん」とも》なくならないで残っていること。同類の多くがなくなったあとも、なお残っていること。「社会に根強く残存する偏見」「残存勢力」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ざんそん【残存】

( 名 ) スル
〔「ざんぞん」とも〕
残っていること。 「土中に-する養分」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

残存の関連キーワードブラストハイプイディオモルフィック組織ブラストペリティック組織プリメタモルフィック組織ブラストザミティック組織生産的資本ストックアロシモルフィックヘテロクロマチン労働能力喪失率生きている化石フロンティヌス原地性再生底盤EAS(医学)ミアノサイトロペオカンダ未経過保険料O2センサー就労可能年数アイティアヌサイル派残存物価額

残存の関連情報