コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

零本 レイホン

デジタル大辞泉の解説

れい‐ほん【零本】

ひとそろいの本の、大半が欠けているもの。端本(はほん)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

れいほん【零本】

書物の大部分の巻数が失われて、ごくわずかに残っているもの。端本はほん。 「古文学の-古美術の残片をたづねて/希臘思潮を論ず

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

零本の関連キーワード戾・令・例・冷・励・勵・嶺・戻・玲・礼・禮・鈴・隷・零・霊・靈・麗・齡・齢将門記(しょうもんき)曼殊院本古今集関戸本古今集類聚名義抄稲葉通邦目無し経札差事略大和物語古筆学高野切大鏡欠本鎌田字鏡完本

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

零本の関連情報