コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

端水 はすいedge water

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

端水
はすい
edge water

油層またはガス層で,油やガスの側下方に接して同一貯留岩層中に存在する水。特に下方全面にわたって存在する水を底水という。最も一般的な油層の形は,帽岩の下に上部からガス,油,水と重なって存在する形で,この下部の水を端水と呼び,同じ地層の他の地域と連絡している場合が多く,したがって油やガスを排出する場合の圧力エネルギーになることも多い。また油と水層の間 (端水面または油水接触面) は両者混合の漸移帯をもつことも多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

端水の関連キーワードシャオシャン(韶山)灌漑区ポリエチレングリコールスフィンゴシンキンセキ豆満江採油

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

端水の関連情報