コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帽岩 ぼうがんcap rock

3件 の用語解説(帽岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

帽岩

(1) 方解石,石膏,硬石膏などの層で,多くの岩塩ドームの頂上部に産出し,200mの厚さに達するものがある.(2) 粘土や砂岩(時に石灰岩,ドロマイト,石膏)のような不透過性の岩石で,石油貯溜岩の頂上部に産し,その中に石油を保存する[Goldman : 1925, Bateman : 1952].

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

帽岩
ぼうがん

キャップロック」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の帽岩の言及

【キャップロック】より

…帽岩ともいわれる。石油根源岩のなかで生成された油が貯留岩へ移動した場合に,油が上方へ漏洩(ろうえい),逸散してしまわないように,油層を密閉する機能をもつ不浸透性の岩石をいう。…

※「帽岩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone