端近(読み)ハシヂカ

デジタル大辞泉の解説

はし‐ぢか【端近】

[名・形動]
家の中で出入り口に近いこと。また、そのさまや、そのような場所。あがりばな。「端近な席」「端近に座る」
あさはかなこと。軽々しいこと。上品でないこと。また、そのさま。
「さりとて―にやはおはします」〈栄花浅緑

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はしぢか【端近】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
縁側・上がり口など、外に近い・こと(さま)。そのような所をもいう。上がりはな。 「 -な場所」 「其処そこは-先づ〱これへ/酒中日記 独歩
奥ゆかしくないこと。あさはかで軽率なこと。また、そのさま。 「さりとて-にやはおはします/栄花 浅緑

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はし‐ぢか【端近】

〘名〙 (形動)
① 家の中で上がり口や縁側など外に近い所。あがりばな。また、そこにいるさま。
※源氏(1001‐14頃)賢木「常よりもはしぢかなるを、空おそろしうおぼゆ」
② 奥ゆかしくないこと。上品でないこと。あさはかなこと。また、そのさま。
狭衣物語(1069‐77頃か)三「けしからず声高に、はしぢかに色めかしきさまなどは見え給はましかば」

はし‐ぢか・い【端近】

〘形口〙 はしぢか・し 〘形ク〙 端近である。家の中で端に近い。⇔おくふかい①。
※源氏(1001‐14頃)夕顔「はしぢかきおまし所なりければ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android