コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

端近 ハシヂカ

デジタル大辞泉の解説

はし‐ぢか【端近】

[名・形動]
家の中で出入り口に近いこと。また、そのさまや、そのような場所。あがりばな。「端近な席」「端近に座る」
あさはかなこと。軽々しいこと。上品でないこと。また、そのさま。
「さりとて―にやはおはします」〈栄花浅緑

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はしぢか【端近】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
縁側・上がり口など、外に近い・こと(さま)。そのような所をもいう。上がりはな。 「 -な場所」 「其処そこは-先づ〱これへ/酒中日記 独歩
奥ゆかしくないこと。あさはかで軽率なこと。また、そのさま。 「さりとて-にやはおはします/栄花 浅緑

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

端近の関連キーワード打ち抜き綴じ・打抜き綴じクビレミドロ(縊水泥)ココヘッド自然公園カルマンの有効幅式ツキトジ(月兎耳)エグモント[山]ココ・クレーターワタアカミムシガ伊豆バンガーオアシスブロークン・ヒルスカシカシパンバーケンヘッドオヨギヒモムシメートル原器クントの実験ホーン岬海流コロンナ広場オープン攻撃コロンビア山

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android