コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

端近(読み)ハシヂカ

デジタル大辞泉の解説

はし‐ぢか【端近】

[名・形動]
家の中で出入り口に近いこと。また、そのさまや、そのような場所。あがりばな。「端近な席」「端近に座る」
あさはかなこと。軽々しいこと。上品でないこと。また、そのさま。
「さりとて―にやはおはします」〈栄花浅緑

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はしぢか【端近】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
縁側・上がり口など、外に近い・こと(さま)。そのような所をもいう。上がりはな。 「 -な場所」 「其処そこは-先づ〱これへ/酒中日記 独歩
奥ゆかしくないこと。あさはかで軽率なこと。また、そのさま。 「さりとて-にやはおはします/栄花 浅緑

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android