コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

競ひ掛かる キオイカカル

デジタル大辞泉の解説

きおい‐かか・る〔きほひ‐〕【競ひ掛かる】

[動ラ四]
勢い込んで激しく攻めかかる。
「味方―・り候間、敵方引き退き候」〈伊達日記・上〉
勢い込む。
「お悦(よろこ)びであらうと―・って戻ったに」〈浄・栬狩剣本地〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きおいかかる【競ひ掛かる】

( 動四 )
勢いこむ。 「新枕はどうかうと-・つて行く嫁入/浄瑠璃・反魂香」
先を争って押しかける。 〔日葡〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報