コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最前 サイゼン

デジタル大辞泉の解説

さい‐ぜん【最前】

いちばん先。いちばん前。「最前の席」
さきほど。さっき。副詞的にも用いる。「最前から雨が降りだした」「最前電話した者ですが」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さいぜん【最前】

一番さき。最も前。
ついさっき。先刻。多く副詞的に用いる。 「 -手をとりてあないしたるやうすといい/西洋道中膝栗毛 魯文」 「 -から話しているように…」
(「最前の」の形で)さっきいた。さっき話した。 「 -の男が現れる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

最前の関連キーワードアプリケーション切替ウィンドウアクティブウィンドウ安倍文殊院西古墳バックグラウンド迷惑メール対策法ウスヒザラガイ彦山権現誓助剣素っ破・透っ波バーケンティンポップアップ桜木町事故タスクバー花見の仇討サッカー科鶴見事故ユメザメ重連運転月見座頭有財餓鬼御心文字

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

最前の関連情報