竹田新松(読み)たけだ しんまつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹田新松 たけだ-しんまつ

?-? 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)作者。
明和6年(1769)大坂の竹本座を再興したときの座本。上演作「近江(おうみ)源氏先陣館」を近松半二,三好松洛(しょうらく)らと合作。8年「妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)」を初演して成功したが,同年座本をゆずった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android