竹田新松(読み)たけだ しんまつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹田新松 たけだ-しんまつ

?-? 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)作者。
明和6年(1769)大坂の竹本座を再興したときの座本。上演作「近江(おうみ)源氏先陣館」を近松半二,三好松洛(しょうらく)らと合作。8年「妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)」を初演して成功したが,同年座本をゆずった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android