コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三好松洛 みよししょうらく

6件 の用語解説(三好松洛の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三好松洛
みよししょうらく

江戸時代中期の浄瑠璃作者。松山の僧ともいう。1世竹田出雲に師事,署名作はないものの,早くから浄瑠璃作成にたずさわったと考えられる。元文1 (1736) ~明和7 (70) 年竹本座の作者として活躍,以後は後見。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みよし‐しょうらく【三好松洛】

江戸中期の浄瑠璃作者。伊予の人とも、大坂の人ともいう。竹本座の多くの浄瑠璃に作者として名を連ねている。竹田出雲並木千柳らとの合作に「義経千本桜」「仮名手本忠臣蔵」「菅原伝授手習鑑」など。生没年未詳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三好松洛 みよし-しょうらく

?-? 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)作者。
もと伊予(いよ)松山の僧,大坂の北新堀江の茶屋主人などとつたえられる。大坂竹本座の作者となり,竹田出雲(いずも),並木千柳,近松半二らと合作,名作の数々に名をつらねた。明和8年(1771)の「妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)」に「後見行年七十六歳」とあり,まもなく没したとみられる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

三好松洛

没年:明和8?(1771)
生年:元禄8(1695)
江戸中期,上方の浄瑠璃作者。もと伊予松山の真言宗願成寺の住職であったが,追放され,のちに大坂・北新堀茶屋の主人となり,初代竹田出雲の門人となったと伝えられる。元文1(1736)年,竹本座で文耕堂と合作したのが最初の作で,以後34年間に50以上の作品に合作者として加わる。「御所桜堀川夜討」や「菅原伝授手習鑑」などの名作では,それぞれ,立作者に次ぐ重要な段を担当したといい,また,「義経千本桜」「仮名手本忠臣蔵」にも参加している。宝暦1(1751)年からは近松半二の後見にまわり,明和7(1770)年の戯作『穴意探』では「浪花の古兵」とうわさされている。明和8年の正本「妹背山婦女庭訓」に「後見行年七十六歳」とあり,同年12月の近松半二との合作「桜御殿五十三駅」正本に「後見」として名を載せるのが最後の消息である。<参考文献>前島春三『近代国文学の研究』

(井口洋)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みよししょうらく【三好松洛】

1696(元禄9)‐?
浄瑠璃作者。もと伊予国松山の僧とも,北の新地の茶屋の主人とも,また医者とも伝える。浮世草子《当世芝居気質》によれば,近松門左衛門の門弟。1736年(元文1)から71年(明和8)まで大坂竹本座の浄瑠璃57編に作者として名を連ねた。単独作はなく,立作者として署名したものも2作にすぎないが,竹本座の各時代の名作者,文耕堂,竹田出雲父子,並木千柳(宗輔),近松半二を助け,日本戯曲史に残る名作を著した功績は大きい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三好松洛
みよししょうらく

生没年未詳。江戸中期の浄瑠璃(じょうるり)作者。伊予(いよ)国(愛媛県)松山の僧とも、大坂の医師とも茶屋の主人とも伝えられ、その伝は明らかでない。1736年(元文1)から71年(明和8)に至る三十余年にわたって竹本座で活躍した。50以上の作にかかわっているが、単独作はなく、立(たて)作者として署名したのは『花衣(はなごろも)いろは縁起』『中元噂掛鯛(うわさのかけだい)』の二作にすぎず、ほかは文耕堂(ぶんこうどう)、竹田出雲(いずも)父子、並木千柳(せんりゅう)、近松半二(はんじ)を助けて書いた。『菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)』では二段目、『仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)』では二段目・十段目を担当したといわれ、そのほか『義経(よしつね)千本桜』など多くの名作に関与した。1747年(延享4)に出た評判記『操曲浪花蘆(そうきょくなにわのあし)』では出雲、千柳に次ぐ三番目の位置が与えられており、晩年は浄瑠璃界の長老として遇された。[山本二郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の三好松洛の言及

【近江源氏先陣館】より

…9段。近松半二・八民平七・松田才二・三好松洛・竹田新松・近松東南・竹本三郎兵衛の合作。1769年(明和6)12月大坂竹本座初演。…

【小野道風青柳硯】より

…5段。竹田出雲・吉田冠子・中邑閏助・近松半二・三好松洛の合作。1754年(宝暦4)10月大坂竹本座初演。…

【敵討襤褸錦】より

…3巻。文耕堂三好松洛の合作。1736年(元文1)5月大坂竹本座初演。…

【仮名手本忠臣蔵】より

…時代物。2世竹田出雲三好松洛並木宗輔(千柳)作。1748年(寛延1)8月,大坂竹本座初演。…

【源平布引滝】より

…5段。正本の作者署名は並木千柳(並木宗輔),三好松洛。番付には作者竹田外記の名も加わる。…

【恋女房染分手綱】より

…時代物。吉田冠子,三好松洛合作。13段。…

【御所桜堀川夜討】より

…5段。文耕堂三好松洛による合作。1737年(元文2)1月大坂竹本座で初演。…

【新薄雪物語】より

…3段。文耕堂三好松洛,小川半平,竹田小出雲の合作。1741年(寛保1)5月大坂竹本座で初演。…

【菅原伝授手習鑑】より

…5段。竹田出雲,並木千柳(並木宗輔),三好松洛,竹田小出雲合作。1746年(延享3)8月大坂竹本座初演。…

【関取千両幟】より

…9段。近松半二三好松洛,竹田文吉,竹田小出雲,八民平七,竹本三郎兵衛合作。1767年(明和4)8月大坂竹本座初演。…

【太平記忠臣講釈】より

…人形浄瑠璃。近松半二三好松洛,竹田文吉,竹田小出雲,筑田平七,竹本三郎兵衛作。1766年(明和3)10月大坂竹本座初演。…

【夏祭浪花鑑】より

…9段。並木千柳(並木宗輔),三好松洛,竹田小出雲合作。1745年(延享2)7月大坂竹本座初演。…

【ひらかな盛衰記】より

…5段。文耕堂三好松洛,浅田可啓,竹田小出雲,千前軒(竹田出雲)による合作。1739年(元文4)4月大坂竹本座初演。…

【双蝶々曲輪日記】より

…1749年(寛延2)7月大坂竹本座初演。竹田出雲三好松洛,並木千柳(並木宗輔)合作。《摂陽奇観》にある角力取の濡れ紙長五郎が,武士を殺害した罪で捕らわれた事件に拠っているらしい。…

【由良湊千軒長者】より

…通称《山荘太夫》。竹田小出雲(3世竹田出雲),近松半二三好松洛の合作。1761年(宝暦11)5月大坂竹本座初演。…

【義経千本桜】より

…5段。2世竹田出雲三好松洛,並木千柳(並木宗輔)作。1747年(延享4)11月大坂竹本座初演。…

※「三好松洛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三好松洛の関連キーワード浅田一鳥伊予松山城女浄瑠璃上方浄瑠璃松田文耕堂戸川不琳難波三蔵浪岡鯨児並木良輔容楊黛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三好松洛の関連情報